カナダ永住権取得への道

カナダの永住権取得を目指している30代男性のブログです。

CELPIPをきっかけに英語力向上を図る【第5話】

2社目の移民コンサルタントからの返事を待っている土、日(9/17~9/18)の間、ふと英語力向上に取り組もうと思った。CELPIPという英語の対策が必要だからだ。

 

どうせやるからには単に試験対策だけではなく英語力そのものの向上も目指して本格的に真剣に取り組んでみようと思った。もちろん楽しみながら。

 

これまで、仕事で英語に困ることは無かったがそれは私がアメリカで外国人として生活しているからだ。周囲は手加減してくれているのだ。

 

これまでの私の考え方は、

  • 分かっているフリをしてごまかさない。
  • 分からなかったらもういちど言ってもらう
  • 発音は特にこだわらない
  • 誤解が無いようにしっかり伝える

 

と言うモノだった。甘い。甘すぎる。

 

これからカナダで永住権を取得してカナダに貢献しながら一生を過ごしていくことを目指すなら相手の言うことは一発でき取れて当たり前、発音も違和感がない程度を最低ラインに持って行くべきだろう。

 

CELPIPという英語の試験を受けることになるはずなので、この対策をしながら英語力そのものも向上させて行きたい。

 

何となく動画を見るとかではなく、Listening、Reading、Writing、Speakingのそれぞれのスキルを意識的にトレーニングしていく。

 

試験対策を見据えたトレーニングなので、以下のようなメニューを実行していこうと思う。

 

◆Listening

・カナダの公共放送CBCYoutubeをメモを取りながら聞く(毎日)

 

◆Reading

・素早く読むこと、どこに何が書いてあるかを掴む意識を持ってKindle本やネットの記事を多読する。できればカナダに関する記事。(毎日)

 

◆Speaking

・カジュアル、フォーマルの言い方を学び、日常から使い分けを意識する

・20秒(本番より10秒短い)で準備して60秒語る練習をする

⇒具体的な練習問題をどうするか検討中

 

◆Writing

・解答となるテンプレートを身に付ける

 

新出のボキャブラリーは必ず覚える。日本語訳だけで無く、使用例や英英での説明でニュアンスを掴み、受信のみならず発信でも使えるまで落とし込む。

 

英語はインプットとアウトプットを増やせば増やすほど上達するはず。今までボンヤリしすぎていたので、ちょっと本腰を入れて上達を目指すことにしよう。

 

学生時代は英語が好きで学んでいたはずなのにいつの間にか勉強せずに現状維持のまま何年も過ごしてしまった。ここから見違えるほどの上達をしよう。

(2022/9/18)

 

前の記事【第4話】

前の記事【第6話】

はじめから読む【第1話】

 

<ゆんの電子書籍 ゆんの電子書籍はすべてkindle unlimitedで読み放題です!